遊園地の廃墟で有名な「化女沼レジャーランド」内にある廃ホテル「化女沼パークホテル」

宮城県古川市(大崎市)にある遊園地の有名廃墟「化女沼レジャーランド」。

化女沼レジャーランドは1979年に「化女沼保養ランド」として開園、2000年に閉園した遊園地です。閉園から約16年経った現在も園内の遊具や施設などは撤去されておらず、当時の面影がそのまま残っています。

その理由として「化女沼を一大観光地にしたい」というオーナーの夢を受け継いでくれる人が現れるまで撤去はしないという方針からで、現在も元従業員が清掃活動を行い、当時のオーナーが土地を所有し続けています。

そんな化女沼レジャーランドですが、この度、オーナー様のご好意で敷地内を自由に見て周れる見学会が行われました。前々から訪れてみたいと思っていた場所であり、敷地内を自由に見て周れるチャンスは滅多にないので行ってきました。

※紹介する写真の枚数が多くなってしまうため、今回は記事を2回に分けて更新いたします。今回は、化女沼レジャーランド内にある「化女沼パークホテル」についてです。

化女沼レジャーランド_20161119_01
ひっそりと佇む化女沼パークホテル。
化女沼レジャーランドの入口を入り、道沿いにやや進むと左側に「化女沼パークホテル」が姿を現します。建物内は機械警備が入っており、現在も電気が供給されています。

化女沼レジャーランド_20161119_02
宿泊客の他、一般利用者でもレストランの利用が可能だったようですね。

では、中に入ってみます。

化女沼レジャーランド_20161119_03
ロビーにあるフロントを外側から眺めたものです。
壁には貴重な当時のポスターが掲示されたままの状態になっていました。
クレジットカードブランドのシールも懐かしい。

化女沼レジャーランド_20161119_04
フロントの中に入ってみました。

化女沼レジャーランド_20161119_05
フロントの奥は事務室になっていました。
壁には色々な書類が貼られたままになっており、バスの運行計画書など当時の様子を知ることのできる資料がたくさん残っていました。

化女沼レジャーランド_20161119_06
さらに奥に進むと、神棚のある部屋にたどり着きました。(撮影時、神棚は頭上にありました。)
ロッカーのステッカーや散乱している書類を見るとどうやら支配人クラスの偉い人が使っていた部屋のようです。

化女沼レジャーランド_20161119_07
埃を被った電話が年月の経過を物語っています。

化女沼レジャーランド_20161119_08
化女沼保養ランド時代のものを発見。

化女沼レジャーランド_20161119_09
こんなものもありました。
当たり前ですが、営業当時はこんなにキレイだったのですね。

化女沼レジャーランド_20161119_10
フロント脇にあるカウンター。

化女沼レジャーランド_20161119_11
奥に行くと厨房がありました。
厨房は太陽光があまり届いておらず真っ暗だったので写真は撮っていませんが、食器などもそのまま残っていました。

化女沼レジャーランド_20161119_12
宴会用の部屋でしょうか、カウンターの隣に部屋がありました。
不法侵入があるのでしょう、正面の壁には「警察巡回中」の張り紙。
この張り紙も張られてから相当年月が経過しているようです。

どんどん探索してみます。

化女沼レジャーランド_20161119_22
奥にあった廊下を進むと部屋が2つありました。「楓」と「皐月」。

化女沼レジャーランド_20161119_13
まずは「楓」から。

化女沼レジャーランド_20161119_14
この部屋は宴会用のようです。

化女沼レジャーランド_20161119_15
天井から吊るされる電球カバーの和紙。そして、灰色の絨毯。和と用のコラボレーション。

化女沼レジャーランド_20161119_16
テレビが倒れていました。

化女沼レジャーランド_20161119_17
こちらは「皐月」。
同じく宴会用のための部屋でした。

化女沼レジャーランド_20161119_18
暖房器具。

化女沼レジャーランド_20161119_19
ブラウン管テレビと電話。

化女沼レジャーランド_20161119_20
旅館に行くと冷蔵庫の上によく置いてあるアレ。
コップと割り箸とおしぼり。比較的きれいな状態で残っていたので、ちょっぴり欲しくなりました。

化女沼レジャーランド_20161119_21
穴の開いた壁や割れた窓ガラスから室内に落ち葉や土が入り込んでいましたが、思ったよりも綺麗な状態で、少し掃除すればすぐ使えるような感じがしました。

探索していると大浴場を発見。

化女沼レジャーランド_20161119_28
男の夢とロマンがあふれる“女子大浴場”。
もう使われてはいないと知っていてもちょっぴりドキドキ。

いざ、潜入。

化女沼レジャーランド_20161119_27
シンプルな脱衣所。

化女沼レジャーランド_20161119_23
浴室は、浴槽が3つとサウナがありました。
浴槽は、お湯・水風呂・特別湯として使っていたのでしょうか。

化女沼レジャーランド_20161119_24
サウナの前から。

化女沼レジャーランド_20161119_26
浴槽の中から。

化女沼レジャーランド_20161119_25
ラドン医科学事業団…?
怪しい響きです。

化女沼レジャーランド_20161119_30
こちらは男湯です。

化女沼レジャーランド_20161119_33
脱衣所は女湯より少し広いような感じがしました。

化女沼レジャーランド_20161119_29
髭剃りとワックスの自動販売機。
今の旅館やホテルでは無料で使えるところも増えているので、このような自動販売機は見かけなくなりました。

化女沼レジャーランド_20161119_31
浴室。
ここには写っていませんが、女湯と同じく湯船が3つとサウナがありました。

化女沼レジャーランド_20161119_32
浴槽の前にある洗い場。

続いて客室を見てみます。

化女沼レジャーランド_20161119_34
階段を上ります。

化女沼レジャーランド_20161119_36
客室フロアの廊下。

化女沼レジャーランド_20161119_35
埃で汚れてはいるものの、客室も綺麗な状態のまま残っていました。

しかし、内部を探索していると、そうではないところもありました。

化女沼レジャーランド_20161119_37
屋根が抜け落ちてしまっています。

化女沼レジャーランド_20161119_38
断熱材が剥がれ見るも無残な状態に。
この日は雨が降っており、室内にも水が流れ込んでいました。

化女沼レジャーランド_20161119_39
別の大客間では、抜け落ちた屋根から水が流れ、その下にある畳が腐食していました。
やはり人気の無くなった建物は、段々と廃れていくのが運命なのでしょう。

この他にも、バーなど面白そうなところがありましたが無念の時間切れ…
次回、見学できるチャンスはあるのでしょうか。

普段の化女沼レジャーランドは、化女沼パークホテルも含め立入禁止となっています。機械警備の他、警察による巡回も行われているので、無断で立ち入るのはやめましょう。最近では、ツアー見学会も行われているようですのでそちらに参加するか、敷地外から見学しましょう。

(探索日:2016年11月19日)

YouTube

2017年7月1日より、YouTubeにて「廃墟・レトロ・DEEP系」の動画を公開しているチャンネルを開設いたしました。新着動画は、土曜日の昼12時00分に更新しています。

【チャンネル名】
廃墟レトロ探索/はうやし報告記(仮)

当記事とあわせて、こちらもご覧いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

引用について

当ブログ内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。
映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。