急斜面に建ち並ぶ廃屋郡、埼玉県秩父市「山掴集落」

埼玉県秩父市、浦山ダム周辺の廃集落シリーズ第4弾です。

今回は「山掴集落」に訪れました。

その名の通り、“山を掴んだ”ような場所にある集落ということで「山掴集落」という名前が付けられたといいます。

ゲーム「SIREN」のモデルにもなったと言われている廃集落の一つでもあります。

山掴トンネルから歩いて10分程度の山中に比較的広範囲にわたって家が建っています。


最初に見えてきたのがこちらの物件。


所々食器が散乱しており、土壁がポロポロと剥がれかかっている状態です。


母屋とトイレの高低差。
急斜面に建っているのが一目瞭然です。


家の中には机が置いてありました。


続いて2軒目。


昔ながらの木造建築というよりかは、比較的新し目の物件。


母屋の向かいにあるこちら。


中には薪風呂がありました。


隣の部屋にはトマトの冷蔵庫。


そして外にはイチゴ。


冷蔵庫の前にはジュースの瓶がケースごと置いてありましたが、中身の入っている未開封の瓶が数本熟成されています。


外から見た感じ母屋にはコレといって特に無く。
黒電話を保留するときに使うオルゴールが置いてあったくらいでしょうか。


3軒目。
押入れの中から誰かがこちらを見ています。


部屋の片隅にはお人形。


そして骨。


隣の部屋にはダルマと鞠が転がっていました。


味のある赤いテレビを発見。
懐かしさを感じさせる素敵な空間です。


窓越しに見る緑ある景色。


魔法使いが出てくるアニメで誰もが一度は見たことのある様な“木のお化け”みたいな木。
我々が来るのを拒んでいるのでしょうか!?


そんなこと思っていると「生首」を発見。
マネキンがあると大抵の場合先客によって悪戯されていますね。(やめてください!)

4件目~。
この場所は今までの3軒とは少し離れた場所にあるのですが見ごたえ抜群でした。


青々とした苔に包まれる姿は、なぜ、美しいのでしょうか。


後ろのタイルから察するにお風呂場だったのでしょう。
裸になった電球が風に噴かれてゆっくりと揺られていました。


この集落一番の見所でした。
横に連なる廃屋郡。4~5軒が並んでいます。


上の写真に写っていたトロフィーの一番上。
なんの競技だったのでしょうか。文字も消えていたので、謎解きヒントはこれだけ。


焼き物でできた何かの顔。
ご利益がありそうな顔をしてらっしゃいます。


このお宅の住人は車がお好きだったようです。


途中、こんな感じで崩れていました。


壁の無くなったキッチン。

「今日のお夕飯は葉っぱのお味噌汁よ~」


ドアノブ。


勉強部屋を発見。
深夜にラジオを聴きながらテスト勉強を頑張っていたのでしょうか。
置いてあるダルマに目が書かれているので、無事に高校合格?大学合格できたのかな。


水に濡れて剥がれるドア。


中をのぞくとキッチンでした。ドアはお勝手口だったようです。
流し台のポットがレトロでいいですね。


向かい側には小屋がありました。


何の部屋なのかはよくわかりません。

この集落にはちょっとした広場みたいなところがありました。


そこには大型の廃バイクが止まっていました。
きっとあの家に住んでいた、車好きな方のバイクでしょう。


また、すぐそばにはボロボロの自転車が立てかけてありました。

現在はそんな面影はありませんが、この場所に自転車やバイクがあるということは、私達がここにたどり着くまでに通ってきた道は、当時はもっと広く、歩きやすい道だったことでしょう。

ここまでいくつかの集落を巡ってきて、山奥にある物件を尋ねるとき、その物件に人がいなくなってからどのくらいの時間が経過したのか、道を歩いているだけで時の流れを感じるようになりました。

YouTube

☆★☆★☆★☆★☆

2017年7月1日より、YouTubeにて「廃墟・レトロ・DEEP系」の動画を公開しているチャンネルを開設いたしました。新着動画は、土曜日の昼12時00分に更新しています。

【チャンネル名】
廃墟レトロ探索/はうやし報告記(仮)

こちらもご覧いただけたら幸いです。

引用について

当ブログ内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。
映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。